2014年09月

イメージ 1


昨日、自宅ピアノ教室の発表会が無事終了致しました♪
出演者の皆様、
大変お疲れ様でございました。(ひとまず、仮写真ということで、ご父兄の方に撮って頂いたお写真を載せました)

SOLOは皆さん思い思いの演奏を自由に、日々の丹念な努力が花を開いたという演奏をしていただきました!
第2部のDUOでは、ブルグミュラー没後140年を記念して、「ブルグミュラー連弾~世界のお国めぐり~」を企画。これは、ブルグミュラー25の練習曲を世界の色々な国の雰囲気やリズムにアレンジしてみると?という斬新かつユニークなもの。(ちなみに、楽譜は一般発売されていて後藤ミカさんのアレンジによるもの) どの曲も原曲と全く違う雰囲気、もしくはゴーカなアレンジになっています。発表会に向けて暫くアレンジバージョンばかり弾いていたのでそちらの方が耳に定着してしまったような、、、イカン!
ですね。
終盤の講師演奏では、ワタクシSOLOはショパンのエオリアンハープを(個人的に、この曲はランランの演奏がサイコーです☆) DUOでは、今回も発表会をご一緒させて頂いた大学時代の同門下生の友人と共に、ガーシュウィンのラプソディーインブルーを演奏させて頂きました♪

さて、一息ついたら10月はヴァイオリン発表会の伴奏、今ご教授頂いている先生の発表会を控えているのでピアノにかじりつかなくては。です。
10年ぶりに演奏するショパンのピアノソナタ第3番、頑張って練習します!


イメージ 1
本日、青春ポップスコーラス発表会、無事終了~
曲目は、
恋のフーガ
夏の思い出
You  are  my  Sunshine
のゴーカ3本立て☆
皆様の生き生きとした歌声、そしてご機嫌なBassに乗っからせて頂き、ピアノも楽しく演奏させて頂きました♪
出演者の皆様、そして、ご指導頂いた先生、大変お疲れ様でございました。
イメージ 2




イメージ 1
ショパンコンクールでの演奏。ワルツop.34-3 (通称:猫のワルツ)
先ずは、尋常では無いスピードに驚きます。
誰にも真似の出来ない演奏。
まるでピアノ一面に星を散りばめたような・・・なんて音が綺麗なことか☆
もしかすると、もしかするとですけど、完全に人のハートを鷲掴みしようという計算されずくの演奏かもしれないけれど、本能のままに思うがままに演奏する姿は時が過ぎ去るのを忘れてしまう。
ピアノを弾くことってこんなにも楽しいと聴き手に思わせる力って本当にスゴイの一言につきます。
小学生の頃、ちょうどブーニンがショパンコンクールで優勝した際の来日コンサートのチケットを、母親が大接戦の中やっとこさ取れて聴きに行ったコンサート。
まだ幼くて曲の解釈とか細かいところわよく分からなかったけれど、とにかく感動して暫くはブーニンみたいになりたいとひたすら練習していた記憶があります♪(ちなみに花束をあげた際、握手もして頂きました!)
熟年したブーニンの演奏も聴いてみたいです☆

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
昨日、無事おんがくの森コンサート終了致しました♪
出演者の方々は本当にお疲れ様でした。そして、沢山の方々にご来場頂き誠に有難うございました。
今回は初めてのホールであったり、ワタクシも初めて司会を担当したり、夏に開催するのも初めてだったりと「初めて」尽くしの森コンでしたが、皆様からはとても楽しかった!等、温かいお言葉を多数頂き主催者としては嬉しい限りでございまして、疲れも一気に吹っ飛んだ次第です。
計14組の出演者の方々の演奏はそれぞれ個性たっぷりで心のこもったメッセージの伝わる演奏で感激いたしました。コンサート終盤にはワタクシも一曲演奏し(ショパンのスケルツォ2番、弾かせていただきました)、スペシャルゲストでサクソフォニストお二方にも素晴らしい演奏をして頂きました!(リベルタンゴ、浜辺の歌、サプライズでディズニーのGo the distanceを!)
さて、森コンが終わってホッとするのは束の間、今月末は自宅ピアノ教室の発表会です!
未だ未だ気を引き締めていかねば~

↑このページのトップヘ