2017年09月

イメージ 2

イメージ 1

先週末は、青春ポップスコーラスの本番でした☆

今年は、

赤いスウィートピー
アマポーラ
365日の紙飛行機

以上の3曲を、エネルギー溢れる奥様方が生き生きと熱唱され、ワタクシも流れに乗って楽しくピアノを弾かせて頂きました♪
リハーサル終了~本番スタンバイまでのお時間は皆様と和やかな語らいのひとときを。
普段の講座レッスンではお話をする機会を逃してしまう方とも、色々とお話をさせて頂くことが出来、嬉嬉嬉(^-^)/でした。

演奏終了後は皆様一同に「楽しかったー!」との感想を頂き、その一言がどれだけ嬉しいことか☆

出演者の皆様、大変お疲れ様でございました。
初めて参加頂いた方々、今回の本番の感激を胸に、また来年も是非ご参加頂けたらと思います。

そして、いつも温かくご指導下さっている先生、本当に有り難うございました😌
10月もまたお世話になります。
皆様に楽しんで歌って頂けるよう頑張ります☆

あっという間に夏は過ぎ…日差しは強くとも吹く風はどことなくさびしさを感じる秋の風🍁
ワタクシ、来月に控えている自宅ピアノ教室の一大イベントの発表会に向けてあくせくと準備を進めております。
今年も名曲が勢揃いのプログラムで、ビシバシとレッスンをしながらも、生徒さん達のひたむきな演奏を毎回微笑ましく聴かせていただいています☆

そして、実は、今年は積極的に講座へ足を運ばせて頂き、様々なことを吸収中でございます。

定期的に購読していた音楽雑誌からも様々な情報が得られていましたが、内容が以前のものと被っているのでは…?etc.という点から、取り敢えず今年は音楽雑誌の購読はお休みして体感型でいってみようと思いまして。

現在は、同じ地域でピアノをご指導されている先生方との意見交換セッション型の講座と、名だたる講師の先生の目からウロコの、時にマニアックな興味深いお話を聴かせて頂く講座の二本立てで、指導方法や自身の演奏に役立てる講座に通っています。

そして、先週から始まった、「バッハを音楽的に演奏するべく必要なこととは?」とのテーマの講座。
毎回、バッハの演奏に必要であるべきテーマを講師の先生が解説してくださり、その後は希望者による公開レッスンを聴講させて頂きます。

ワタクシ自身、バッハのインヴェンションの楽譜を持ち込み、興味深く講座を受講させて頂きました♪

イメージ 1

幾つかの手持ちのインヴェンションの楽譜から、比較的書き込みの少ないものを持参。
まだあどけない自身の書き込み文字が懐かしいばかり(^-^;

今回のテーマは、「レガート奏法と和声を感じる」でした。
講師の先生がさりげなくアプローチをする瞬間、受講生の方の演奏が瞬間的に変化する様子は素晴らしい!の一言でした。

今回の講座を受講させて頂き、はるか昔、当時ご指導頂いていた先生がワタクシ自身に何を伝えたかったかの一つ一つを、身に染みて理解が出来たような気がします。

学びは永遠と感じる今日この頃。
先ずは、来月のピアノ発表会に向けて頑張りたいと思います(^-^)v

↑このページのトップヘ